ゆう

土曜の夕方に

ラーメン>?

とか考えてもみたが

選択肢としては

洗濯と乾燥がおわったので

 

報道特集がみたい

風呂はいりたい

を二とも満たすの解が

ジム

だったのでジムいってあるきながらTVみて

風呂はいってかえってきた

よきかな

風呂が正義

 

ウナぽんも正義

 

いいじゃんねそれで

 

神奈川県の海沿いの別荘地は

葉山だけが海越しの富士山を

みることができる

 

海越しってそんなにきれい???

 

しらんわ

 

こちとら静岡県民じゃ

 

では鳥皮加熱にうつります

ごご2

gogo

土曜日

何をしたかを書いておく

 

朝食にゆで太郎で天そば(冷)600円

天麩羅は

えび

まいたけ

おくら

なす

どれもすばらしい揚げたてです

そこにつめたいそば(ざるではないので笊に乗ってない)

水気の切りかたもかんぺき

おいしゅうございました

 

車で実家へ

渋滞にいらつく

 

実家

 

父からなんじゃもんじゃとしかいえない話をきき

4KTVの解説をきき

トンデモ動画on YOUTUBEの話をきく

それがトンデモであることを知らずみている80代男性である

そういう人は多かろう

やっぱネットの中のネット世論は世代とか指向によって

ものすごい偏りがあるな

イラネッチケー(TV改造)の話もオレが言うまで知らんかったし

それはなぜ目にふれないかというと

ヤフートップからのニュースとかのやつに目がふれないからだ

ロイターとかブルームバーグのニュースラインはみているけどさ

日本の卑近なニュースとかツイッタートレンドとかには

目がいかないのが男性で資産ある経済が好きな高齢者

といえる

でも別にそんなの知らなくたって全然こまらないんだよね

まだ証券会社は「担当者」をつけてくれるし

優良な顧客だからです

ネット証券で自分でやるって発想にいかない 

 

まあオレもなんとかペイでバックを貯めるというそっちには

感情の問題でいきたくないので

そういう部分は誰にでもある

 

あるだろう

たぶんね

 

まあ健康であってくれればそれがなにより

(本当に)

疾患があって病院通う

認知症があって徘徊する

暴言暴力をふるう

近所とトラブルを起こす

このあたりがラインナップ

 

田舎民から鳥の首を庭に投げ込まれるとかと

どっちがマシなのかな

 

ついったは愚痴とか怨嗟にみちみちているところでもあるので

たいがいにしといたほうがいいのであろう

 

子育ての怨嗟とか本当に社会問題とかであることを別にして

まさに死ぬか殺すかみたいなぎりぎりの切迫感があって

正直いって気分がわるくなる

くらくらする

ワンオペ育児が地獄なのはそれは事実なんだろうけど

どうだ!こんなにじごくだ!

と叫ぶ叫ぶための場所が他になければついったに

吐き出すしかないんだろう

 

田舎いやだいやだの愚痴もそうだ

 

愚痴

まさに

 

問題を解決できなかったのだからそうだ

 

というか問題点

 

問題ねえ

 

この世は問題だらけ

ごご

先に結論だけ書くとつまらんなあとかもやもやするなとなれば

料理でもして食うがよいわ

 

ついったの書き込みよんで落ち込むなんてちょっと

無駄だよね

しかし影響はされている

田舎が「閉鎖的で非論理的でよそものを排除する」という

やつね

それが真実であるかどうかは自分で確認すればいいわけだが

その一方でううむうという「それもあるよな・・・」感はあるわけだ

 

あるよね

 

わかる

 

しかし方法はあるはずだ

多分

段階を踏むその他の方法

手順1から

そういう視点3

 やっと金スマをみおわった

ゆきぽよがいいところでいいコメントしてくる

 

さすが

 

ギャルのカリスマ

 

さすが

 

野性味にあふれている

褐色だし

 

肌出すし

木村さん

さすが 

 

(後記)

すみません違いました

みちょぱさんでした

池田さんでした

ぜんぜん顔をわかっていない

まあ

無理もないわ

 

いま画像検索で2人の写真くらべているやつを

見ているのだが見ていても

どっちがどっちか本当にわからないすごい

こんなにわからないなんてすごい

そういう視点2

といいながらも

金スマはその後もVをみて

やっと和解というかしずちゃん

ラジオに(不毛に)呼んだところまできた

はあ

 

長いね

 

 

ねむい

 

何時からおきてるんだオレ

0300くらいか

 

多分ね

 

霜降りのANN0やってんだなあというのは

思ったのは覚えている

 

霜降りとか

あちこちオードリーに来たら面白いだろうけど

時期というもんがあるだろうか

なかなかこんだろうな

吉本だからではなく

 

まあでもあれだ霜降りなんかはもちろん努力があってこそとは

思うもののあれは天性というかそういう性質が

あったからこそでそういう天性は

そごく稀だと思うのは誰しもがそう思うだろう

 

うーん

 

山ちゃんとかしずちゃんが努力だけでやったといいたいわけではなく

むつかしいね表現

あいまいなもので

努力と天分とを見分けるほうほうが客観的に

どこかに存在しているとでも?

 

若林とか考え抜くタイプに見えるが

 

見えるだけ

 

そういう視点

さて

あちこちオードリーをみて

そのあと

金スマの山里20年分のTBSの出演うんぬんを

みていたんだが

なんか気持ちわるくなってきて

なかなかみられない

これはあれで

山里の吐露したコンビ不仲時代をなぞっているわけだが

にこにこ応じているが

どうにも処理の仕方が

気持ちわるい

編集を担当したやつの意図がにじみ出ていて

べたべたする粘着質の気持ちわるさを感じる

さらっとしていない

もちろん不仲がテーマなのでサラっとしているわけもなく

TV編集の文法でいえばベタつく感を全面に押し出す方程式

みたいなやつ

 

いまのオレがそれをうけいれられないというだけで

べつにいいんだけど

 

でもTVバラエティって50年後にのこるのんか

 

その点あれですよ

 

言葉だけ

という文学とか

 

シンプルでいいから

遺るものはのこるのかな

 

あちこちオードリー(FSU)

深夜なので集中してみれる

 

ファーストサマーウイカ宮下草薙がゲスト

 

この番組は

どうもなんか

「スタッフから言われるけどそれは

いやだ

違和感

ちがう

なんだろうこの抵抗感」

みたいな感じの

TVなどのことの裏のスタッフサイド

との間のやりとり

 

みたいなことが

 

どうもたくさんあるんじゃないか

 

東野がやってきて

おもしろかった回は

芸能界での生き残り方だったがあれだって

東野がスタッフのほう向いてやってる感の話だったし

まあおなじ現場でやってるんだからそれでいいんだけど

 

しかしイメージなるものを

カンペに書いてくる(「草薙さんはイヤイヤでお願いします」)

のは

あきらかになにか「おしつけ」なのだが

スタッフ側からそういう話はでてこないから

いやだったという草薙の方の話だけになるのである

 

スタッフ側からでてくるとしたら

発言の場をもっている佐久間Pだけなんだけど

 

ともあれFSUだってゴッドタンきっかけなわけで

佐久間Pのアレなのである

 

スタッフ

 

佐久間Pのラジオに

「カンペ」というそのもののコーナーがあるのが

推して知るべし

であるが

 

山里若林の「たりないふたり

だって

そもそもは

「打ち上げをなんとかしてごまかしてさぼりたい」で

それは

同業の表に立つ芸能人とのあいだというよりは

スタッフをまじえた会(うちあげ)の

それを

避けて生きていきたいみたいなテーマだし

そのうち「たりふた」

どんどん進んでいき

だんだんと

2020春では

「こういう楽屋挨拶はいやだ」みたいになっていき

「こういうDがいて」

「こういうPがいて」

 なんか”向こう側”なのである

TVとかの世界の

たとえばテレビ局ラジオ局は

出入りの業者もたくさんいるが

ネット局の正社員であるやつらはものすごい高給料であって

あれはほんとうになんかおかしいくらいのハイサラリー

佐久間Pだって庶民にみせているが実際はそういう人なのである

隠しているというより

ガハハおじさんのイメージ戦略である 

 

でもだんだんそのようなTVの世界は崩壊しつつあるのだけれど

 

なぜなら地上波をだんだん若いのが見捨てていくから

 

スタッフなるものの思惑とは全然ちがうし

オレはオレのみせたいものをみせたいだけなんだ

といって

一流芸能人が

ゆーちゅーばーになっていくのであって

それはべつに流行りだからではなく

やりたいことを検閲なくできるのがそこだった

というだけで

東野がネットラジオやるのだってそれが理由だろう

 

おりしも

朝日新聞(20200710朝刊)に

note

のことがのっていた

広告なし検閲なし

投げ銭あり課金あり

 

プロの小説家だってnoteで書く時代

ファンが定期課金してくれる

 

スタッフとか編集者とかを抜きにした世界

もちろん管理は自分自身でするんだけど

 

そういうことを考えさせられた

TVバラエティなのにそういうことを

考えさせられるとは

なんだろう

 

オレの好きな山里氏はなんか

どうも

昔からあるTVのスタッフの世界を

好きで嫌いで大好きで大嫌いみたいなアンビバレンツなものを

感じるのだが

でもTHE芸能界みたいなのも

いいのかなその匂いとか感じとか雰囲気とか

しらんわオレのそれは属性ではない

想像の世界

 

妻がヲタだというのは本当におおきいことだ

女優で同時にヲタでもあるという

なにしろ

手越くんでさえもが辻希美ヲタだったことを堂々と言うくらいの

21世紀

2020年代

ジャニーズ事務所という枷からはなれた

オレのやりたい芸能活動がしたいという正直な気持ち

とかいって

そういうの

自由

なんだろう

ワールド

世界にひらかれた場

 

でも場があってこそだろうしなあ